ねこつぐらでひとりごと

パンダ柄の可愛い奴ら ゆきちとばぶの 日常を猫マンガでつづってます。
Top
2005年 06月 26日 |
ネイルサロンに行く途中、店の軒先でうずくまっている子猫を見つけました。最初は死んでいるのかと思ったけれど、近づいてみると息するたびに体が動いていました。明らかに野良猫で、かなり衰弱している様子。可哀想だなあとおもいつつ、ネイルサロンにいったけど、大雨が降り始めて、大丈夫かなあとずっと心配でした。もし、まだいたら、家につれて帰ろうと決心していました。

3時間後、ネイルサロンが終わっていってみると、子猫は同じ場所でうずくまっていました。抱き上げると暴れて逃げ出そうとします。だけどこのまま放っておいたら死んでしまう。地面におくとやっぱり同じ店の軒先でうずくまってしまいます。

会社がすぐそこだったので、会社のコピー室にいってコピー用紙の入っている箱と古新聞を失敬して、また子猫のところにもどりました。子猫はやっぱり同じ場所にいたので、コピーの箱の中にいれてタクシーに乗りました。箱の中にいれたとき、ジャンプして逃げ出そうとしたけれど、ふたを閉めてタクシーに乗るとあとはじっとして、暴れようとはしませんでした。暴れる力すらもなかったのかも・・・。

家に帰ると段ボール箱にタオルをひいて、その中に移しました。牛乳をあげると、ちょびっとだけ飲みました。子猫はそのままにして、もう一度タクシーに乗って、おもろまちのペットショップで子猫用のミルクと離乳食、ペットフードなどを買い込んで家に戻りました。家に戻ると箱の中に子猫がいませんでした。ビックリして周りを見回すと部屋の真ん中のじゅうたんの上で座っていました。よかった、箱を出る元気があるんだ。子猫用のミルクと離乳食を与えると、少しだけ口にしました。

もしかすると、明日には死んでしまうかもしれない・・・。だけど頑張って欲しい。明日になったら動物病院に連れてってあげよう。そして東京に連れ帰って、東京で育てよう、と思います。男の子か女の子か、まだわからないけど、「てぃーだ」と名づけました。「てぃーだ」とは沖縄の言葉で「太陽」という意味です。梅雨の時期に出会ったこの子に、太陽の光が輝きますように・・・という願いをこめてつけました。

がんばれ、てぃーだ!
b0041182_1305816.jpg

[PR]
# by dalai_kuma | 2005-06-26 18:00 | 日常のこと |
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon